秋です! 九州産『極早生(ごくわせ)みかん』 を一足早く味わおう

ちょっとしたご縁で、九州の宮崎県日南でたんせいこめて作られている、百姓隊チーム生産「極早生(ごくわせ)みかんをお試しさせていただきました。

九州 極早生ミカン

極早生みかん むく

私はみかん、そんなに好きではないのですが、母と長男が大のみかん好き!
送っていただいたみかんの山をみて「!!!」「~♪」となっておりました^^
宮崎県日南 極早生みかん

極早生みかんは、ちょっとこぶり。
そのぶん、小さな子供の手でも食べやすくなっています。
私も大きな冬みかんよりも、小ぶりなほうが好みです。あまりみかんを大量に食べられないので、これくらいがちょうどいい。
ごくわせみかん

味はちょっと酸味があるかんじ。
真冬のみかんて、すごく甘いじゃないですか? それよりはちょっとすっぱいめ。「私はちょー甘いみかんじゃないとイヤ!」というのであれば、不満が残りそうです。

が、みかんマニアの母にいわせると「何言ってるの。これはこういうみかんなのよ。おいしいわよ^^」とのこと。普段はみかんを食べない次男(幼稚園)もお腹がすいたときのおやつ代わりに1日に1個ずつ食べておりました。
小ぶりサイズだからむきやすかったみたい。嬉しそうに「ママ~ 僕にもむけたよ!」という様子がかわいかったですね。

みかんはビタミンC、た~っぷりの果物。
ビタミンCといえば、風邪防止に有名なビタミンです。子供ってスナック菓子とかチョコレート好きです。しかし、そればっかり食べさせるよりもみかんを食べさせておけば虫歯になりにくいし、風邪予防にもいいなと思います。
涼しくなってきたこの時期、半月くらいは日持ちしそう。
子供の「おなかすいた!」攻撃には、この極早生みかんでカバーされてはいかがでしょうかね。
酸っぱい 極早生ミカン

<百姓隊「極早生みかん」の特徴>
九州百姓隊

百姓隊のみかんは、南九州でも一番温暖な日南市で栽培された「日南一号」と言う早生種の極早生みかん。
太平洋からの黒潮の潮風と全国でも有数の日照時間を誇る太陽を浴びて酸味と甘みがバツグンに調和し絶妙の旨味を出しています。

それにもう一つ忘れてはならない大きな理由として、この海岸地域は水はけが抜群に良く柑橘栽培には最適の地層なんです。こんな温暖な気候と最適な地層が作り出す宮崎の「極早生 みかん」は日本で一番早く収穫される絶品のみかんです。

ではでは、みなさまのお役にたてればサイワイです(≧▽≦)♪

コメント