「新年にイライラせず福を呼ぶ方法」 茂木健一郎

公開日:  最終更新日:2016/12/04

こないだ婦人公論という雑誌で、脳科学者・茂木健一郎さんの「新年にイライラせず福を呼ぶ方法」というのを読んだよ。私は家でじっと仕事をしていることが多いから、“やっぱり外にでることがストレス解消なんだ、なるほどなあ~”と感じたのでシェアしまーす★

(スポンサーリンク)


(1)運動する…ジョギング&ウォーキング

一生懸命運動していると、”脳内にベータエンドルフィンという物質が放出され、痛みが和らぎ幸せな気持ちがうまれてくる”んだって。いわゆる”ランナーズハイ”ってやつらしいよ。
気持ちがふさぎこんだり、イライラしてきたらとにかく外にでて、一心不乱に歩いたり走るといいんだって。

(2)家事を無心にやる…掃除・料理

これも1番目と同じ理屈で何も考えずに掃除することで脳内に幸福感をかんじるベータエンドルフィンがでてくるみたい。”頭が空っぽだと脳がアイドリンク状態になり、脳内のデフォルトネットワークと呼ばれる領域が活動しはじめます。この働きによってネガティブな感情が整理される”

(3)似たような境遇の友達とグチをこぼし合う

これはなんとなくわかる! 女性が集まるとついつい「うちの子は~」とか愚痴っぽくなっちゃうし、おしゃべりってストレス発散になるものね。

(4)恋人・夫婦でスキンシップ

“イライラしている人は孤独でかまってほしい人が多い。だから誰かに「よしよし」する、されるとそれだけで解消される”とのこと。
もし恋人がいないなら、マッサージ屋さんでマッサージしてもらうとか、ペットとふれあうとかも同じ効果が期待できそうじゃない? とにかく肌をふれあうことが大切みたいだね。

(5)イライラする場所・環境から逃げ出す

“脳には他人の行動や感情を鏡のようにうつすミラーニューロンがあります。つまり人のイライラは連鎖するので巻き込まれないうちに逃げる”
イライラやマイナス感情ってうつるんだね。悪いウィルスみたい><; 一番早いのは人間関係を整理して、イライラする人から逃げることらしい(笑) とはいえ、イライラさせられる相手が夫や子供、義両親だったなら逃げられないよね。だからそういうときには、その場所からはなれて少し家をあけたり、旅行にでるのもいいんだって。

脳科学者・茂木さんご本人は、イライラしてきたらバッティングセンターで解消しているって書いてあった。私は野球ぜんぜんできないけど、イメージ的には野球ボールを打ち返すとスカッとしそう~。

(元ネタ:脳からごきげん物質を出す方法「婦人公論」2013/2/7号) 
私も最近子供にイライラしちゃうことが多いなあ。原因は勉強のことがほとんど(長男くんが勉強嫌いでこまってるの;)。こういう場合はウォーキングしたり、子供が学校にいってるスキをねらって、仕事仲間やお友達とぱーっと遊びにいったりするとストレス解消されそう~。

できたら毎日イライラせずに楽しくくらしたいものね。
ではでは、みなさまのお役にたてればサイワイです(≧▽≦)♪

(スポンサーリンク)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑