あなたは大丈夫?紫外線対策の常識が“非常識”

紫外線対策そろそろやってる?
“日差しが強くなってきたとはいえ、まだまだ5月だしぃ~”
と考えてるアナタは要注意らしい^^;

今日たまたま見ていたNHKの「今日の健康」で紫外線対策の話題やってたのね。それでどっかの大学の教授先生が「紫外線は5月から急に高くなります。紫外線対策は今から必要です」って言ってた><
「早めの紫外線対策!」って雑誌特集でよくあるけど“どうせ、UVケア商品の売り込み広告でしょ”ってタカくくってたけど、本当にもうやっておかないとヤバイんだって。
ベルメゾンネット
【晴雨兼用二重張りUV日傘】ショート

実は間違いだらけ!よくいわれる紫外線対策の常識って?

HNKの紫外線教授がいってたお話。「このなかで間違っている紫外線対策の常識はどれだと思われますか?」
<質問>
●曇りの日は紫外線対策しなくてもへいき?
●家のなかにいれば安心?
●日焼け止めをぬっていれば長時間外にいても大丈夫?

正解は…



全部間違いだって!! うひゃ~(><;)

ええ~って感じじゃない? 特に3番目なんか「日焼け止めぬってるから外にいても大丈夫だ!」って勝手に思ってたよ。。。
<正解>
・曇りの日でも、晴れた日の60~70%の紫外線が、かかってしまう。だからノーケアはダメ。
・家のなかには、窓から紫外線A波がはいってくる。だから軽い日焼け止めをぬったりして気をつける必要アリ。
・日焼け止めでは100%防げないので、「ぬっただけ」では大丈夫ではありません。

正しい日焼け止めの選び方

⇒2013年 売れてるUV日焼け止め人気ランキングはこちら(^v^)ノ

◎短時間・日常生活程度なら→SPF値10~20/PA分類+~++の日焼けどめ。
◎長時間、プール、海、アウトドア→SPF値30~50/PA分類+++~++++ (※今年から+4が最強になった)

◎日焼け止めの正しい塗り方と目安
・日焼け止めを塗る量…顔1回分なら日焼け止めクリームならパール玉2つぶん。
・日焼け止めは肌にすりこまない。うすく伸ばす程度(白さが残る程度) 。のばしすぎると効果がうすれる。

最強紫外線対策まとめ!!

◎外出時には日焼け止めだけに頼らないことが一番のポイントに!
・帽子か日傘
・洋服長袖長ズボン 濃い色またはUV素材をつかう
・サングラス
・その上で防ぎきれない顔や手には日焼け止めをぬる

日焼けは肌の老化をすすめてしまうことが研究でも実証されてるみたい。
かといってまったくお日様をあびないと「うつ病」にもなりやすくなるんだって。だから、日差しの弱い午前中の日光をちょろっと浴びつつも、昼以降の強い紫外線はしっかりガード!、が一番ベストっぽいわ~。
ベルメゾンネット

ではでは、みなさまのお役にたてればサイワイです(≧▽≦)♪



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最強UVケア
\ シェアする /
SAI*@管理人をフォローする
口コミ!SAIわいブログ

コメント