羽山さんが手造り! 姫路しらさぎ化粧品の無添加「しらさぎ馬油クリーム」

公開日:  最終更新日:2016/08/08

先日、しらさぎ化粧品の「しらさぎクリーム(馬油クリーム)」をいただきました♪
しかもオーナーの羽山さんが 作った特別な無添加ナチュラルな馬油クリームです。
 →「え、羽山さんてだれっ!?」と思ったからはこちらへどうぞ。雑誌にも紹介の「しらさぎ化粧品」 http://www.sirasagi.net/
 

↓こちらが羽山さん↓ 実際にお会いしてきました!

聞いてびっくりしたのですが、しらさぎ化粧品はすべてが社長羽山さんの手造り! 
工場とかでつくっているわけではなく、ラボのような場所をかりて一人でコツコツと製作されているんですって!
ですから1日にたくさん作れないと話されていました。
口コミでもかなり評判がいいらしく、ときどき百貨店からも「当店においてみませんか?」とお声がかかることもあるのだとか。

 

↓パンフレットには化粧品ラボの様子が。 もちろん調合しているマスクの人物は羽山さんです。

 

ちなみに、
馬油(バーユ)というのは、馬からとれる油のこと。
むかしからヤケドにぬられるなど、保湿力が高い油クリームとしてもしられています。
私は以前から違うメーカーの「ソンバーユ 尊馬油」という馬油をよく使っていました。本当に保湿力がたかくて、寝る前に肌だけでなく髪の毛につけておくと翌朝シットリという効果があります。

ただちょっと「油くさい」というかにおいが少し鼻につくひとがいるかもしれません。あとかなりべとつきますし、夏場には溶けて液体になってしまうのが欠点でした。

そういった馬油の欠点をなくしたのが、「しらさぎ(馬油)クリーム」です。
もともと、社長である羽山さんが、敏感肌の奥さんのために作ってあげたのがはじまりなんだとか。ですから余計な添加物がいっさいなく、香料もラベンダーオイルだけという徹底ぶり(無香料も別バージョンであります!)

 


■「しらさぎ(馬油)クリーム」の天然成分表■
馬油、ミツロウ、ホホバオイル、ラベンダー(香料ですが、なしも選べます)
※無着色 天然成分配合・パラペンフリー



<ソンバーユ(普通の馬油)と、「しらさぎ(馬油)クリーム」との比較>


■さわったてつけた感触■
・ソンバーユのほうが液状により近いです。とけかけたクリームのよう。
・しらさぎ馬油クリームのほうが、ちょっと固め。でも肌につけると、体温ですーっと溶けるので扱いやすい。
・つけたあとは、どちらも大差ありませんでした。

■香り■
・ソンバーユは独特の油のにおいがするので、苦手なひとやなじめない人もいるかも。
・しらさぎ馬油クリームはラベンダーのいいにおいがするので、とっつきやすい気がします。でも油のにおいがまったく無くなったというわけではありません。ちょっと緩和されたかな~という感じ。


■保湿■
・これはどちらも保湿バッチリでした。「しらさぎ馬油クリーム」のほうがベタつかないので夏場にはこちらがオススメ。



<結論! こんな人にオススメ>

・敏感肌、肌が弱い、アトピーなど かぶれやすいひと
・普通のソンバーユの匂いがダメなひと
・天然成分や無着色などにこだわりのあるひと
・香料がダメなひと
 

私は普段から普通の馬油をつかっていたのですが、夏場はとけてしまい別の乳液クリームにかえていました。ですがこちらの馬油クリームは液状化しないそうなので真夏でも大丈夫そうです。またリピートしたいとおもいました(^v^)

⇒馬油ソンバーユ「姫路しらさぎクリーム」公式サイト http://sirasagi.net/ しらさぎ化粧品
⇒姫路しらさぎクリーム化粧品 実店舗リスト ⇒しらさぎ化粧品 Amazon店はこちら
 
※商品名は正確には「姫路しらさぎクリーム」です。当記事では成分がわかりやすいように、一部「しらさぎ(馬油)クリーム」という表記にしております。ご了承くださいませ。
ではでは、みなさまのお役にたてればサイワイです♪

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑