小学4年生 長男くんの授業参観にいってきた!

公開日:  最終更新日:2013/12/23

小学4年生の長男くんの授業参観にいってきたよ~。今日はいつもの教室じゃなく理科室で実験でした。先生いわく「こどもたちは理科室初めてなんですよ。だからみんなテンションあがってて騒がしかったですね^^; 」だってさ!

(スポンサーリンク)


林間学校の様子ビデオ

授業参観の後に、子どもたちの様子をおしえてくれる懇談会があったので、それも出席。夏にあった林間学校のビデオみせてくれた(PCで編集したやつだった。今の先生ってパソコン楽々つかえるね。おかげできれいで見やすかった)。

長男くんもちょこちょこビデオにうつってた。なんか家と違う表情だったりするから「おぉ~!」ってかんじ。

担任先生に学校での様子リサーチ

最近長男くんは言うことがいちいち腹がたつことがおおくてね。どこの家庭でもよくある話しだと思うんだけど夕飯の時間がきたから「ゲームやめてな」っていってもなかなかやめてくれなかったり、宿題の間違ったところを注意したら「うるさい」なーんて親を親ともおもってない態度(泣)部屋の扉を怒って乱暴にしめたりね…。家ががこわれそうよ!!

「こんな乱暴な態度はウチだけなの…?」って不安になっていたら、いやいやそんなことはなかった!!
懇談会で、周りのママさんが「うちの子もSAI*さんのお宅と同じ…」と同じ意見がちらほら。ひとりは男の子、もうひとりは女の子のママさんでした。
「よかった~うちだけじゃなかったみたい」とホッ。

長男くん担任の先生に「こういう反抗的な態度をとる時期なんですかね?」と聞いてみた。そしたら、「確かに小4は反抗的になったりする時期でもあります。でもだからといってお家で見逃したりスルーするのではなく、駄目なことは駄目だとハッキリとした態度を示すことも大切です。今は僕たち教師も子供たちには気軽に怒れないというか、神経をつかっている部分があります(苦笑) きつく言いすぎるとクレームがはいったりしますので…。なのでお家はお家で、学校とはちがうビシッとしたキツイ態度をとることも重要です」とのコメント。

私もカッとなったらつい叩いてしまったりするのですが、周りのママさんも手がでることもあるんだって。だってね、子供にすんごい腹立つときあるんだもん;;

叩くことがいいこととは思ってなくて、でもでも、そういう保護者さんは私の他にもいるんだなあ~と。「私だけが悩んでいるんじゃない!」と思ったら、ここでもやっぱりホッとしちゃった。
懇親会(自由参加なのです)なんて面倒だけどさ、出てみればこういった教育上のお悩みとか担任の先生に相談できるし、同じクラスのママさんたちから生の声がきけたから今回は参加して本当によかった(*^_^*)

その他にも長男くんが最近漢字テストがんばってるというお話を先生からきけたしね! ではでは、みなさまのお役にたてればサイワイです(≧▽≦)♪

(スポンサーリンク)

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑