ヘナカラー 人気ランキングBEST5

公開日:  最終更新日:2017/04/29

新しいヘナカラー探し中!
ヘナ使用前 白髪染め シムカラーEX (1)
前回Aランク最高級ヘナカラーをつかってみてとっても満足。でも品質がいいぶんお値段もそこそこお高めだった。他にもっと染まりが長持ちする天然ヘナないかな~とさらにヘナカラーをさがしてみることに。

ヘナカラー人気ランキング

まずはヘナカラー人気ランキングをご紹介♪ BY@Cosme(アットコスメ調べ)
ヘナカラー、有名なところが5種類あったよ。順番にためしてみて追記レポしますね。(最終的なしあがりはこげ茶か黒希望)

※画像クリックで楽天市場ケンコーコム通販にとびます。1900円以上で送料無料+あす楽対応店

1位/ダイソー ヘナカラー

「ザ・ダイソー Natural Henna」本体価格:80g・100円。
100円ショップのダイソーの天然ヘナカラー。1箱なんと税抜100円という激安ぶりで大人気! @COSUMEにてレビュー数おすすめ度とも1位実績。
ただ、私もつかったことあります。100円というお値段ならコスパはいいものの、40歳になったらきびしい(髪のギシギシ具合がはんぱない。そまりがわるい。ヘナ臭ニオイもきつい。長時間4時間くらい放置必要)

だから個人的にはダイソーヘナのリピはないでーす。

2位/マックヘナ「ハーバルヘアートリートメント」

本体価格:100g・定価1,500円
マックヘナ「ハーバルヘアートリートメント」
↑こちらは、基本のナチュラルオレンジ。
マックシリーズはインディゴ色が別売りでうっているので、オレンジヘナ→インディゴの順番で染められる。インディゴの量を調節することで自分好みの暗さに調節できるのがうれしい。

・1箱千円程度なのでコスパはマル。
・ブロンズで染めていると根元の白髪がそまりにくい。3回に1回はオレンジヘナで根元までそめるとよい
・染め上がり30分~40分

3位/テンスター「ファイン ヘナ」

“植物の力で白髪に美しい色合いを与えながら、ダメージもしっかりトリートメント。艶やかでハリのある髪に染め上げます”
・染め上がり45~60分(とはいえ時間を長くおくほうが発色がよい)

<使用量の目安>
・肩上ショート:40g ・ミディアム:60g ・セミロング:80g
・40g2個入りと40g6個入りの2タイプあり。
40g2個入りは使い捨てのカップがついているのでより簡単にヘナカラーがつくれて使いやすい。

<色の目安>
暗い ディープブラウン>ブラウン>ライトブラウン> 明るい

<調べた口コミ>
・安いわりにしっかり染まる。
・ツヤツヤになる
・楽天ではディープブラウン色のレビューが多かった

▼初回お試しにぴったり使い捨てカップ付タイプ
“ジアミン・漂白剤・パラベン不使用、植物原料100%のヘナパウダー(カラー)です。45分でつややかな染め上がりに。白髪をしっかり根元からカバーして目立たなくします(染め直しの目安は3-4週間)。高いトリートメント効果で髪にハリとコシを与え、ふんわりボリュームのある髪へと仕上げます。キャップ、手袋、木製スプーン付き。”

▼お徳用な40g6個入りタイプはこちら

・マックヘナには別売りインディゴ色がないので黒くしたい場合はダークブラウンがおすすめ。

4位/グリーンノート「オーガニータ ビターオレンジ」

本体価格:100g・1,800円 発売日:2014/6/10
名前のとおり、オーガニック認証をうけているヘナカラー。ランキング内では唯一の仏エコサートグリーンライフ認定ヘナ。すこしお高め。

染毛時間:どのカラーも60分

「ヘナ オーガニータ ビターオレンジ 100gは、ミソハギ科の『指甲花』の葉を粉末にしたハーブ・ヘナを使用した白髪染め女性用です。髪を傷めずに着色することができます。天然100%で、人工着色料、化学染料及び保存料は使用していません。白髪はオレンジ系茶褐色に。黒髪や茶色に染めてある髪は、ほぼ変わらないか、又はやや明るく色がトーンアップして軽い感じに仕上がります。オレンジ系茶褐色。白髪が1-2割以上の方に。白髪が無い方はトリートメント用にお使いください。」

<使用方法>
1.必要量の粉をボウル等にとり、ぬるま湯を少しづつ加えてダマのないクリーミーなペースト状(ケチャップ位の柔らかさ)にします。
2.乾いた髪にヘナのペーストを根元に伸びてきた白髪部分だけに塗ります。
3.塗り終わったらラップで包み、シャワーキャップをかぶります。
4.1時間以上放置します。
5.お湯でペーストをよく洗い流します。

「ヘナ オーガニータ ビターオレンジ」使ってみた感想

ビターオレンジは基本のヘナで、インディゴは含まれておらずオレンジにそまります。

・説明書に水の分量がかいていなかった。「ケチャップくらいの柔らかさ」とわかりずらかった。
・最低60分おく。今回は1.5時間ほどおいてみた。まってる間はパソコンしてた。
・白髪がオレンジにしっかりそまった。仕上がりは満足♪
・仕上がりがバサバサにならなくていいかんじ。ヘナは髪がバシバシになるからね。仕上がりの匂いもそんなに臭くない。
・翌日おだんごヘアにしようとおもったら、髪コシがつきすぎていてヘアピンがとびまくって、おだんご髪をあきらめた。

◎総合評価
当記事ランキング内では一番お高い高級ヘナ。仕上がりがよかったのできにいった。次はディープブラウンでまたリピートしたい。

追記:「ヘナ オーガニータ ディープブラウン」リピしてみた!

・ビターオレンジのつかいごこちがよかったので、インディゴ入りの「ディープブラウン」をリピしてみました♪ 
・そしたら、オレンジのときには気にならなかったにおいがきつくて>< 草(雑草)ぽいにおいがめっちゃします。しかも1週間ほど髪からにおいがとれず。仕上がりはちゃんと黒っぽくそまったけど、このニオイはつらい。私は苦手なにおいでした。まだたくさんのこっているのでしょうしようかしら。

↑こちらオレンジ色(原材料ヘナ100%)。黒くしたい場合は別売りのインディゴブルー色で2度染め。
1度でそめたい場合は茶色をえらぶ。

<茶色の明るさ目安>
明るい>>サハラブラウン>アースブラウン>ディープブラウン>暗い

5位/グリーンノート「ヘナ オレンジブラウン」

グリーンノートヘナ・オーガニック
本体定価:100g・1,500円 発売日:1995/4/1 原材料:ヘンナ100%
4位とおなじメーカー。こちらのほうが古くからあるシリーズのヘナカラー。口コミレビューをみると“こちらのヘナのほうが染まりはよかった”という声も。

使った感想:グリーンノート「ヘナ オレンジブラウン」

粉と水の割合がかいてないのが不便。「ケチャップくらいの固さになるまで混ぜます」としかかいてないっていうね(汗)
仕上がりはしっかりオレンジにそまってよい感じ。オーガニックで不純物が少ないせいなのか水と粉がまざりにくい気がする。なので他とくらべて髪にも塗りにくいかな。

オレンジ色は2か月くらいもちましたよ。

<使い方>
染毛時間:1時間~2時間以上
部分染め:30-40g
ショート全体:40~
セミロング全体:50-100g

●白髪⇒オレンジ系茶褐色に。●黒髪や茶色に染めてある髪⇒ほぼ変わらないか、少し明るい感じに。

姉妹品で45分で染まるヘナスーパー(ブラウン OR ダークブラウン)もあり。
 + + +

ヘナで黒く染めたいときの注意点

ヘナカラーはブラックにしたい場合、最初にオレンジヘナでそめた後、インディゴブルー(ブラック)をいれると2度染めが長持ちする気がする。

ヘナは髪にとどまるけど、インディゴブルーはすぐ色がぬけちゃうせいだとおもう。簡単に一度で暗めにしたいなら、茶色を選ぶとよさげ。

ではでは、みなさまのお役にたてればサイワイです(≧▽≦)♪

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑