いまは普通の携帯(ガラケー)、そして次もふつーの携帯に買い替えたいひとへ。

私は今ドコモ携帯つかってます。
んで、普通の携帯(ガラケー)で、スマホなどというマカフシギな高級品ではありません。

ハッキリ言って、今の私の携帯は寿命です(使用期間は約4年)。
薄型タイプだったせいなのか、アスファルト道路に2回もおっことしたせいなのか、子供がまちがってふんづけちゃったせいかのか、どれが理由なのかはわかりませんが。
ガラケー

どのあたりが寿命なのかというと…

・まず音が時々でなくなります。
音のでるところが割れてしまっているのが原因です。仕方がないのでセロハンテープでくっつけています(するとちゃんと音でてます! セロハンテープすごいです!)。

・あとバッテリーも勝手にはずれます。
またセロハンテープではってます。ビバ!セロハンテープ!!

「セロハンテープを1か月ごとに張り替えて、なんとか使っているんだよね~」と、そういう話を友達にしたら
「ネットで白ロムをかったら安くすむよ。買い換えなよ」
と言われました。

は? 白ロムってなに?

と言う事で調べました。

白ロムとは…

白ロム(しろロム)とは、携帯電話回線の契約情報(電話番号)を端末に直接書き込むタイプ方式の機種で、契約情報が記録されていないものをいう。(BY wiki)

つまりドコモショップにいかなくてもFOMA形式の携帯についている「SIMカード」を交換するだけで、携帯が新しくつかえるんですって。
全然しりませんでした。

普通にドコモショップや、家電売り場の携帯コーナーで買うよりも安くすむようです(ちょっと下見だけはしてきた)。
ただしこの白ロムにはデメリットもあります。
それは、白ロム携帯に未払い金がついてしまっていると、携帯回線が止められてしまうのです。
(元の白ロム携帯の持ち主が、通話料金&本体未払いでドロンしていた場合は使えないのです。そりゃそうですね^^; )

ですから白ロムショップを選ぶときには、「回線が止められた場合には返品OK&保証します」といってくれる信頼できるお店を選ぶことが大切。
楽天市場にも白ロムショップがたくさんあるようです。
こういうときに「購入者レビュー」があると、信頼性の目安になるので便利ですね♪

私も携帯が全壊して、通話できなくなるまえに、新しいのを買わなければいけません…(汗

→ふつうの携帯(ガラケー)の白ロム、安心かどうかお店の感想とか人気ぶりを確認してみる

ではでは、みなさまのお役にたてればサイワイです(≧▽≦)♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ガラケー LINE(ライン)
SAI*@管理人をフォローする
口コミ!SAIわいブログ

コメント