「カエレバ」のリンクミスをWPプラグインで簡単検索&修正する方法

公開日:  最終更新日:2016/11/27

私もつかわせていただいています、アフィリエイトの有名リンクツール「カエレバ」。初心者をはじめとして、ブロガーさんたちも幅広くつかわれている方は多いとおもいます。

が、今回カエレバにリンクミス&ID不備がみつかりました(><)


(スポンサーリンク)


修正対象者:●2016年6月(おそらく7/28)以降に、(「もしも」以外で)「楽天アフィリエイト」で楽天市場の商品をメインにパーツ生成した方

リンクミスをみつけたのはカエレバ作成者ご本人のかん吉さん。みずから今回の失敗をブログにかかれておりまして、かなり勇気がいったとおもいます!

カエレバにて、運営者のアフィリエイトIDが入ったパーツを生成してしまいました。
該当の方は早急に貼り替えをお願いします。


簡単にいえば、対象者がこのまま貼りっぱなしにしておくと、カエレバ運営者(=かん吉さん)に自動で報酬がどんどんはいってしまうということですね!

↓くわしくはご本人のブログにかかれています「カエレバご利用者へリンク貼替のお願いとお詫び」
http://www.wakatta-blog.com/

●ワードプレスのプラグインで簡単にカエレバ・ミスをみつけよう
私も対象者にはいっています。たくさんは作っていないはずですが10個くらいはあるかも。
そしてすべてワードプレスでつくったブログばかりなので、ソース検索プラグインをつかってさくっとリンクミスのあるカエレバを見つけられれば助かりますね。

私は詳しくないので、WPに詳しいお友達にききました。
すると「ワードプレスはプラグイン入れて記事検索できるはずなので、検索キーを“ 0cca1243.89e6eb08.0cca1244.bd141a79 ”で検索したら良いと思います。」と教えてもらいましたよ。なるほど!

【Search Regex】記事検索&置換プラグインの使い方

プラグインをつかっても探せます。私は詳しくないので、WPに詳しいお友達にききました。
すると「ワードプレスは記事検索できるプラグインがあるはずだから
0cca1243.89e6eb08.0cca1244.bd141a79
と打ちこんでさがせば良いと思います。」と教えてもらいましたよ。なるほど!

今回私は『Search Regex』プラグインをつかってみました。
プラグイン『Search Regex』は記事内容はもちろん、ソースコードも検索してくれます。それから置換(正しいコードに変換して置き換えること)も自動でやってくれます。

※ただし一度置換してしまうと元にはもどせません。かならずバックアップをとっておこなうか、バックアップもよくわからない初心者の方は、修正場所だけチェックして、あとは手動で正しいカエレバに置きかえてもいいですよ。現在カエレバはきちんとIDが入るように修正されています)

▼ここからの画像はクリックで拡大します

(1)【Search Regex】をインストール

ワードプレスのダッシュボード「プラグイン>新規追加」で『Search Regex』と検索。表示されましたら「今すぐインストール」をポチっとすれば自動でインストールされます。
(最終更新日が8カ月前と、少し古いプラグインですが問題なくつかえました)
カエレバ 修正プラグイン

インストール完了画面がでたらOK♪

↓インストール後はワードプレスダッシュボードから「プラグイン>プラグインの有効化」をおこないます。
カエレバ 置換プラグインSearch Regex

(2)カエレバIDミスの検索方法

『Search Regex』をつかうには、ワードプレスダッシュボード「ツール>Search Regex」をクリック。

『Search Regex』設定画面がひらきます。
↓カエレバは記事本文のなかに掲載していますよね。下記のように検索設定すればヒットします。
Search Regexプラグイン 使い方

解説しておきますと
(1)Source … 「Post content」(記事本文)
(2)Limit to … 「No limit」(制限なし)
(3)Order By … 「Descending」(=降順で新しいものから表示。古いものから表示したい場合は、Ascendingを選ぶ)
(4)Search pattern … 検索する文字列
(今回はかん吉さんが公開しています、IDの一部
0cca1243.89e6eb08.0cca1244.bd141a79
を検索にかけています)

以上を入力したら、一番左下の「Search」ボタンをクリックします。すると文字列がヒットした場合には下にずら~っとリストアップ羅列されます。

※検索結果(=Results)をクリックすると、そのまま記事ページにとぶことが可能。手動で変更したい方は、そのまま修正してしまえば2度手間にならなくていいですね。

当ブログからはヒットしませんでした。該当するカエレバのリンクミスがなかったということですね(ホッ)

↓念のためカエレバのソースの一部を検索してみました。ちゃんとヒットしていますね。なんとこれまで198カ所でつかわせてもらっていました!
Search Regexプラグイン 使い方


(スポンサーリンク)


(補足)プラグインをつかった置換方法

プラグイン、一括でIDを置換したい場合は「Replace pattern (置換したい文字)」に正しいIDコードをいれて、「Replace(置換)」ボタンを押します。すると置換した場合の結果一覧が表示されます(この時点でやめれば置換されません)。それで問題なければ、今度は「Replace&Save(置換&セーブ)」のボタンをおせば、すぐに置きかえが実行されます。

(注意)私はこわかったので一括置換は試しておりません。置換に対してのコメントには対応できませんのでご了承くださいませ。
※「Replace&Save」を押したあとは元にもどせません。かならずバックアップをとる&自己責任でおねがいします!


まとめ!

私も正直いいまして、最初かん吉さんのブログのお知らせをみたときに「ええええ!?」っとおもいました。リンク貼り替えめっちゃめんどいやんかと、がっくり(;;)

が……もともと善意で公開していただいている便利な無料ツールですから文句はいえませんよね。

+ + +
よかったら検索プラグイン、お試ししてみてくださいませ。

11/16追記:カエレバのタグ検索だけなら、ブログの記事検索検索窓&管理画面の記事検索窓でも可能でした(記事中にタグを書いている場合で、実際にやってみました)。標準の検索窓ではカエレバのタグは検索不可だとおもっていました。ごめんなさ~い(汗)

ではでは、みなさまのお役にたてればサイワイです(≧▽≦)♪

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑