イケアが小学生向け子ども部屋にチカラをいれるんだって

公開日:  最終更新日:2015/03/24

スウェーデンの家具大手「イケア」。私も1年に数回は行ってる♪ 大きなものは買えないけど見ていて楽しいに雑貨をちょーっと買う程度だけどさー。でね、そのイケアが「小学生むけ・8歳~12歳むけの子ども部屋」を新しくプッシュしていこう~らしいよ。こないだのビジネスニュースでやってた。

(スポンサーリンク)


イケアジャパンの社長さんいわく。
「8歳から12歳というのは独自性を育てるのに大切な時期。自分の部屋ですごしたり、家事を手伝うといった自我がめばえてくるんだ」

小学高学年~子ども部屋もあったほうがいいかも

私も関西のイケアに何度かいったことあって。たいてい子ども部屋の展示は6歳くらいまでの幼児むけのお部屋がおおかったかな。男の子部屋ならおもちゃっぽい飾りや、列車のカーペットがかわいくひいてあったりして♪ それはそれで可愛いんだけどうちはもう卒業しちゃったし。海外だと赤ちゃん時代から一人部屋がふつう。でも日本の住宅事情だと、部屋数も少ないし赤ちゃん~小学入学前まではママと同じ部屋。で、「小学4年生ごろから勉強もあるし一人部屋にしようかしら?」ってパターンが多いきがする。だってうちもそうだし。(まだ子ども部屋はないです。検討中段階!)

小4になった長男くんも、自分だけの部屋がほしい!と要求中…。
もうすこしお片づけしてくれる性格なら喜んで、子ども部屋つくってあげられるんだけど、これじゃあね…>< (きたなすぎて皆さんにもみせられません・笑)

イケアの小学生向け子ども部屋、私もチャンスを見つけてチェックしたいと思います。また行ったらどんなインテリアだったのかまたご報告しますね♪
●イケアのシステムベッド



ではでは、みなさまのお役にたてればサイワイです(≧▽≦)♪

(スポンサーリンク)



Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑