小3の長男、プチ家出の巻。

公開日:  最終更新日:2016/12/04

厳密には「家出」ともいえないのですが、長男の関連ではここ1年で一番おどろいたかもしれません。

(スポンサーリンク)


<家出の経緯>
長男は小学3年。かなりやんちゃで自由なO型です。
最近は4歳年下の弟に対するイジメ(私のみてないところでけったり、こづいたり。日常の80%は兄弟仲よしなんだけども時々目にあまることがある)がありました。

土曜日の夜に弟を泣かせていたので注意。
そこで激しく私と口ゲンカになりました。あまりにも毎日弟を泣かせるので、私もキーっとなり。

私「この家にいる限りはママのいうこと聞きなさい!」
長男「でていったるわ! おばあちゃん(私の母)の所にいくもん」
私「ひとりで行けるはずないやろ!」
長男「・・・・」

という激しいやり取りの後、やっと寝てくれました。
翌日は日曜日だったので、私は朝ゆっくりねてたんですね。学校もないしと。

9時くらいに起きると部屋には弟しかいない。

私「おにいちゃんは?」
弟「自転車でどっかいった。」
私「??」

よくみると机の上に、長男の字で「持っていくものメモ」がおいてありました(書きおきではない)
「もっていくもの。

おさいふ、カギ、水とう、えんぴつ、きがえ」

これを見て、私はすぐに「おばあちゃんの家にいったのでは!」とピンときました。
前日のケンカ以前から長男は「僕はおばあちゃん家までの道おぼえてるよ!」といっていたからです。

母宅は、隣の市で、車でも25分くらいかかります。車で3か月に一度訪ねるくらいだったので道順もはっきりとは覚えているはずがないと思いました。頭の中はどうしよう!! どうやって見つけたらいいんだろう!? とグルグル。。。


<結果どうなったか>
長男が家をでたのは8時過ぎごろらしく、今から追いかけてもおいつけません。
もし順調に母宅につくとしたら、9時半ごろのはず。
そう考えて母からの電話を待つことにしました。もしお昼すぎても何の連絡もなかったら、家族総出で探し回らなきゃ…とハラハラ。

すると…
かかってきました!!!!(っω-`)っ゚+。


母からメールで
「こっちにきてるよ!おどろいた」との連絡が!!

私はすぐさま母に電話して様子をきき、長男にもかわってもらいました。
長男は昨夜のケンカ云々というよりも、「自分ひとりでも行けるんだ!」ということを証明したかったようで…。
電話でもすごくうれしそうな声でした(汗



<これからは…>
結局帰りは、父が車で送ってくれ、午後3時にはかえってきました。
そのときの長男の「どや顔」が忘れられません。

これからは、いくら口から出まかせであっても簡単に「出ていけ」のような言葉はいえませんね。
子供の記憶力はすごい! そして行動力も!!

本当におどろいた事件でした。
交通事故にあわなくて本当によかった!! これだけはヒヤヒヤでした。

ではでは、みなさまのお役にたてればサイワイです(≧▽≦)♪

(スポンサーリンク)


Comment

  1. めめ より:

    長男くん、やりますねぇ~。

    この記事をうちの上の子(SAI*さんの長男くんと同い年)と一緒に読んだら、「いいな~、おばあちゃんちが近くで。僕も一人で行けるけど、新幹線に乗るお金持ってないし。」と言ってました。

    “一人でおばあちゃんちに行く”
    周りはハラハラしたけど、本人はちょっとした冒険で自信を付けたでしょうね。これからも、大変そうネ(^^;)

    • SAI*@管理人 より:

      めめさん、こんにちは♪

      >この記事をうちの上の子(SAI*さんの長男くんと同い年)と一緒に読んだら、
      >「いいな~、おばあちゃんちが近くで。僕も一人で行けるけど、新幹線に乗るお金持ってないし。」と言ってました。
      確かにめめさんの御実家なら、新幹線必須ですね。
      それにしても、めめさんのお子さんからも似たような発言が。小3にもなると「自分でやりたい」「できる」という自尊心?みたいなものがあるのでしょうかね。

      >周りはハラハラしたけど、本人はちょっとした冒険で自信を付けたでしょうね。
      えぇ、そうなんです。「おばあちゃん家に、届けるものがあったら僕がいくね^^」と言ってました(笑)

      >これからも、大変そうネ(^^;)
      長男の前途が想像できそうな感じでしょ?(笑)
      まだまだ、ヒヤヒヤさせられそうな予感がします…><

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑