女性の3人にひとりは悩む【痔】トラブル! -はなまるマーケット-

公開日:  最終更新日:2013/12/22

本日のはなまるマーケットは『女性にとって決してひとごとではない痔特集」。痔ってはずかしい…。おかしいな~って思っても、周りにも相談しにくいしなかなか病院にいけず。20代~の若い女性なら特に嫌かなあ^^;
そんな痔だけど、じつは女性の3人にひとりは痔トラブルがあるんですって。私も興味があるので細かくまとめてみましたよ。よかったら参考にしてくださいね★

(スポンサーリンク)


痔トラブル

◎痔の原因
・便秘や下痢
・排便時の強い いきみ
・妊娠や出産
※女性の場合は妊娠すると、子宮がおおきくなり肛門を圧迫してしまい痔の原因になりやすい。

◎皆さんの痔のお悩みって?
・痛くてイスに座れない
・排便時 血がとまらない
・排便できない
・いぼが出てくる
・いぼが出ていて、夜中かゆみで起きる

誰にも言えないアソコらへんの話。 肛門科・泌尿器科・婦人科の知りたかった正しい情報教えます。

<具体的な痔のお悩み例> 
回答してくれたのは、日本レディースクリニック院長、野沢真木子さん。
(質問):48歳 女性
数年前から、年に数回出血します。痛みはないですし、血もすぐとまります。このままにしておいても大丈夫でしょうか?
(答え):いぼ痔の場合は痛みがない。だからといって放置していると、いぼが出っぱなしになってしまいます。また出血が多くなりすぎると貧血になることも。はやめに病院にいったほうがいいですね。


◎女性の痔の症状チェック! こんな痔の症状がでてしまったら病院にいこう!
(1)排便時に出血あり
(2)肛門にイボのようなものができている
(3)排便時に肛門から何かでてくる
(4)肛門がかゆい
(5)排便のときに 痛みをともなう
(6)残便感がある

◎今増えている女性専用の痔の病院
痔の治療は肛門科。ない場合は外科を受診


切る手術不要! 新しい痔の治療法ができていた!

↓最近の手術だと痔を切らずに日帰りも可能になっている
・ALTA療法(あるたりょうほう)…注射をつかう痔の治療の最新技術
いぼ痔に血流を止める注射をうつことでいぼを小さくできる

◎痔の主な治療法
・生活習慣の改善…血行をよくする工夫を
・薬による治療 (座薬・軟膏)
・手術による治療 (切除、ALTA療法など)
レディースクリニック院長野沢さんのコメント「手術のお値段は、だいたい3割負担で2万円程度かかると思ってください。」

◎痔も甘くみると命にかかわる!?
だとおもって1年ほど出血を放置していたら、「大腸がんだった」という実際の患者さんもいる。
スタジオでのお便りでも「夫が痔だとおもっていたら、肛門近くの大腸がんだった。」という体験談もよせられていた。

いかがでしょうか、
はなまるマーケットをみていたら「出血が1年以上つづいてると、大腸ガンてこともあるんだ…こわい><」という印象をうけました。出血が半年以上つづいてるなら、すぐに病院にいったほうがよさそうです。
全国の肛門科をしらべてみました。女性専用肛門科は、東京ならあるかもしれないけど大阪や地方ならほとんどなさそう。

▼ヤフー検索してみつけた病院検索サイト
オールアバウト病院検索 http://allabout.co.jp
病院検索 http://www.10man-doc.co.jp


ではでは、みなさまのお役にたてればサイワイです(≧▽≦)♪

(スポンサーリンク)

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑