2013年版・震災復興の手助けまとめ

公開日:  最終更新日:2014/12/05

震災から1年以上たち、あと数日で2度目の年越しをむかえようとしています。
私は関西にすんでいます。被災地にも一度もいけていません。テレビで震災地のことが取り上げられなくなってしまったら、あちらの状況が分からない状態なんですよね。
去年は被災地にむけてさっと募金できた私も、今年は「どうしようか…」と感じてしまいます。自分の気持ちに風化感じます(だめですね!)。


前置きがながくなりましたが、私自身の気持ちの風化(?)みたいなのをとめるためにも、今私が震災で被災されたかたのためにできることをまとめてみました。できるできない、やるやらない、それ以前に“こういうシステム&情報があったんだ”ということをひとりでも多くのかたに知っていただければ幸いだとおもってます!


(1)「セキュリティ被災地応援ファンド」-ミュージックセキュリティーズ(株)


セキュリティ被災地応援ファンド http://oen.securite.jp/
今年の夏くらいだったか、テレビのニュースで取り上げられていて私は初めてしりました。
仕組みは株などとおなじく「応援したい、気に入った被災地の企業に投資をする」というもの。でも、被災地企業がうまくいかなくなって、寄付だけになってしまうことも。そのあたりを十分に理解したううえで、私たち=出資者、としてお金をだすといいと思います。

<セキュリティ被災地応援ファンドの特徴>
・一口、10500円からでOK (出資金5000円と出資取扱手数料500円、応援金5000円)
・応援ファンドは、投資が半分、寄付が半分という新しい金融のかたちです。
・応援したい企業を自分で直接えらぶ
・長期的にかかわり 復興を見届ける


(2)「お願いタイガー!東北通販版」-有限会社AbiStudio.com

→お願いタイガー!東北通販版 http://onegaitiger.com/tohoku/
“どうせ買うなら交通費ゼロで東北から買って復興支援しよう!”というコンセプトのサイトです。“東北のお店から買うと、被災地で商売する方達の給料になりますし、消費税や法人税が東北に納税される”、とのこと。
(「お願いタイガー!東北通販版」は、岩手、宮城、福島、茨城の方達が運営しているネット通販のリンク集になっています。)


(3)「ボランティアツアー・ボラバス募集状況」 -助け合いジャパン

ボランティアツアー・ボラバス募集状況 「助け合いジャパン」http://tasukeaijapan.jp/

ざっとみたところ、バスの出発地は関東ですね(東京、埼玉など)。

ボランティアツアー・ボラバス募集状況
● 東北の観光やお土産のショッピングなども組み込まれた「観光あり」のツアーも。
● ボランティア活動に活用できる航空券の割引情報、宿泊情報もあります。



(4)義援金・寄付金の送り先

→Yahoo!基金
ポイントを寄付するにはログイン必要です。私もポイント寄付しました。

<ヤフー義援金の用途>
お預かりした募金は、以下2つに活用いたします。
1:インターネットを活用して社会的課題の解決を目指すNPO(非営利団体/環境、福祉、国際協力など多くのジャンル)に資金助成。
2:災害被災地への寄付(日本国内で発生した自然災害)。


・手持ちのヤフーポイントを寄付できます。1ポイントでも寄付OK。[募金額:1~100,000ポイント(1ポイント=1円)]
・壁紙をダウンロードして寄付する、という形もあります。




→日本赤十字社
・東日本大震災義援金を受付けています 【受付期間再延長:平成25年3月31日まで】
・この義援金は寄附金控除の対象となります。赤十字社から寄付をすると、年末調整用に「控除証明書」が送られてくるので楽です(私も去年は赤十字を通して寄付しました)

→赤い羽根共同募金(中央共同募金会)
・受付期間 平成23年3月14日(月)から平成25年3月31日(日)まで
・平成23年3月11日に東日本大震災が発生したことを受け、中央共同募金会は、各都道府県共同募金会と連携のうえ「全国災害たすけあい」を実施し、被災者の方々の救助の一助とするために災害義援金を募集します。


→東日本大震災義援金政府窓口
受付期間を延長しました。
平成23年4月5日(火)から平成25年3月31日(日)まで


以上です★
ではでは、みなさまのお役にたてればサイワイです(≧▽≦)♪

(スポンサーリンク)


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑