冬こそ気になる頭皮乾燥!NHKあさイチ

公開日: 

「冬こそきになる頭皮乾燥/これで平気!頭皮乾燥ケア特集」がテレビ番組NHK あさイチで特集されていましたよ。
冬の頭皮乾燥ケア 冬になるとお肌が乾燥しますよね~。頭皮もお肌と同じ一枚の皮ですから、皮膚科医の吉木伸子さんいわく「頭皮もお顔とおなじケア」をするのがいいんですって。
(2017年2月16日 NHKあさイチより、まとめ)

(スポンサーリンク)


冬は頭皮の乾燥をふせごう!

ここから↓は皮膚科医吉木伸子さんの、頭皮メソッドまとめです。

頭皮が乾燥するとどうなるの?

頭皮が乾燥するとどうなるのでしょうか? ほおっておくとフケがでたり、かゆくなったりしてきます。フケは頭皮が乾燥してめくれた垢みたいなものなのです。

乾燥のよくある原因は洗いすぎ

自分の目でみえないところなので、つい頭をガシガシと力ずよく洗いすぎてしまう。やはり爪をたてたり、強くこすったりはNG。

頭の洗い方

・シャンプーを手にとったらお湯でうすめる。シャンプーは後頭部(首と頭の付け根あたり)につける。一番最初に頭頂部につけてしまうと髪のほうにシャンプーがつきすぎてしまうのでダメ。地肌を洗うつもりで。

・毎日洗わなくてもよい。乾燥のはげしい方はシャンプーは1日おきにしてみる。

・整髪料をつかっているのなら、シャンプーは髪につけて洗うようにする。地肌には1日おきにシャンプーするつもりで。「シャンプーする日」「お湯だけで洗う日」と1日おきでもOK。

ドライヤーをあてすぎない

髪を乾かすほうが清潔でおすすめだが、ドライヤーを地肌に強くあてすぎるとよくない。ドライヤーを顔にあててみるとわかるが、かなり熱い。髪とドライヤーは15センチは離して、熱でなく風をあてながら乾かす。

頭皮にはオイルより乳液がおすすめ!?

皮膚科医吉木さんがお勧めしているのは、なんとオイルよりも乳液!!
頭皮用のオイル油は髪の毛にもどうしてもついてしまう。髪のぱさつきがきになるのならオイルもよいが、地肌だけを潤したい場合は乳液がおすすめ。

頭皮への、乳液つけかた

洗髪後にタオルドライをします。たくさんとってしまうと髪についてしまうので乳液を指先に少量ずつつけて、地肌にぬっていきます。

顔用の乳液でよい。頭皮用の乳液もうられていますが、顔用のもので十分です。お値段はおやすいものでいいですよ。乳液をつけたからといって髪が立ちずらい・ぺったんこになる・べたべたするということはありません。

管理人コメント:
頭皮にオイルマッサージというのはよく聞くとおもいます。が!!吉木伸子さんいわく「頭皮に乳液がおすすめ」とのことでびっくりしました。いままで乳液なんてつけたことないですよ(・ω ・)

オメガ3の食べ物をとる

頭皮も顔とおなじく食べ物が大事。食べ物の油にはオメガ6とオメガ3の2種類あります。オメガ6(サラダ油・マヨネーズ・大豆油・コーン油・紅花油など)は簡単にとれますが、オメガ3がとれていない場合があります。

・オメガ3の食べ物が足りない
オメガ3が含まれるオイルは「青魚・アマニオイル(亜麻仁油)、えごま油、チアシード」

健康によいからといってオメガ3を毎日とる必要はない。食生活は2~3日周期でバランスをとっていく。

頭皮の赤み、かゆみは皮膚科へ

これらは健康的な頭皮の場合。かきむしるほど頭皮がかゆかったり、赤くなっていたら皮膚科へGO!

頭皮をうごかしすぎるとNG

頭皮をガシガシうごかしすぎると、顔のシワにもつながる。指の腹でやさしくマッサージ程度で大丈夫。

吉木伸子式、頭皮乾燥ケアまとめ★


(スポンサーリンク)

顔のエイジングケアで有名な女医さんです。頭皮ケアについても「顔の皮膚とおなじく、やさしく」が基本ベースですね。なんでもそうなのですが、私が以前テレビでみた薄毛専門家(男性)は「頭皮をたくさんうごかしてマッサージしてください」とおっしゃっていました。今回の高木さんと真逆なんですよね…。ほんと専門家によって方法論・やり方がほんとまちまち(^^;)

どれを信用して実践していくかなやんじゃいます。
あたらしい方法をためすときは、自分の頭皮の様子をみてボチボチとやっていくしかないな~って感じました。

ではでは、みなさまのお役にたてればサイワイです(≧▽≦)♪

(スポンサーリンク)

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑