オンライン査定に必要な、「年式」と「走行距離」の確認方法

自動車の年式の調べ方!
オンライン査定で必要な「年式」「走行距離」をどこでみたらいいかしっていますか?

メインドライバーなら「知っていて当然!」のことですが、車に少ししか乗らない家族なら分からないこともよくあるようです。
実際、私はまったくしりませんでした(笑)

どこの中古車専門店に査定にだすにしても、必ず必要となってくる情報です。車を直接もちこめば営業さんがみてくれますが、オンライン査定では自分で事前に調べておかなければなりません。

(1)車の年式 確認方法

自動車 年式 てもちの車検証に記載があります。
一番うえの欄にある「初年度登録年式」が、オンライン査定のときに必要なくるまの年式です。
年式が新しい=モデルタイプが新しい、ということですので年式が新しければ新しいほど、査定金額は高くなるはずです。
※例えば、写真のように我が家のくるまの年式は「平成13年4月」となります。

<和暦→西暦いちらん表>
平成12年 → 2000年 平成13年 → 2001年 平成14年 → 2002年 平成15年 → 2003年
平成16年 → 2004年 平成17年 → 2005年 平成18年 → 2006年 平成19年 → 2007年
平成20年 → 2008年 平成21年 → 2009年 平成22年 → 2010年 平成23年 → 2011年
平成24年 → 2012年 平成25年 → 2013年 平成26年 → 2014年 平成27年 → 2015年
平成28年 → 2016年 平成29年 → 2017年 平成30年 → 2018年 平成31年 → 2019年
平成32年 → 2020年 平成33年 → 2021年 平成34年 → 2022年 平成35年 → 2023年

(2)走行距離の確認方法

査定 走行距離
車の時速メーターの一番したにある液晶の数字です。
かならず左の単位が「ODO」になっていることを確認してください。
ODOとは、「オドメーター(Odo Meter)」の略字です。ODOの数字は自分では変更できません。ですから、このメーターの数字が大きければ大きいほど、”たくさん走った”ことになります。
当然ながら走行距離が長ければそれだけ車もいたんできます。ですから“オドメーターの数字が大きい=査定金額は低くなる”と考えていいでしょう。

※写真でみるように、我が家のくるまのこれまでの走行距離は77271キロとなります。

注意)ODO(オドメーター)は車種によって表示場所がちがいます。
我が家の車の場合は車の時速メーターのところにありました。

それでは実際に、
オンライン買い取り査定にだしてみましょう♪
つづく>>ガリバーで無料査定! 体験記レビュー (1)最初はネットで5秒


査定額アップのコツ!ディーラー下取りしてもらうまえに…

あらかじめネット一括査定で目安をだしておけば、ディーラーさんに「同じくらいの査定にならない?」と交渉しやすいよ★

→管理人が実際におためし♪【一括買い取り査定ランキング】はこちら

2 Responses to “オンライン査定に必要な、「年式」と「走行距離」の確認方法”

  1. […] 管理人のSAIさんの愛車は、トヨタのイプサム。MOVE愛用者の私としては「う~ん、でかくて運転が怖そう。。。」って思っちゃいますが、そういう車を上手に運転できるのはカッチョイイですよね。 スポンサーリンク SAIさんはフットワークが軽くて、ガリバーさんに買い取り査定を申し込んだときのレポをされています。これ、素人には気になりますよね~。私も気になりつつ、いつかやってみようと思いつつ、勇気が出なくて申し込んでませんでした。SAIさんのレポートによると、ガリバーの無料査定は全然しつこくなくて、電話だけで概算金額を教えてくれるようです。こうやってレポートしてもらえると、自分でも申し込みやすくなりますよね。ウチのMOVEももうそろそろ10年なので、遅ればせながら査定申し込みをしてみようと思いました。オンライン査定に必要な、「年式」と「走行距離」の確認方法なんかも書かれていて、ホントに痒い所に手が届くサイトです。 […]

  2. […] オンライン査定に必要な、「年式」と「走行距離」の確認方法 – 12,130 views […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ