50代夏のおしゃれ♪大草直子さんがアドバイス

公開日:  最終更新日:2018/04/06

エディター兼スタイリストの大草直子さん。ファッションコラムで夏の装いに関するお悩み相談があり、50歳世代の「年齢」「体形」「普段着」について大草直子さんがアドバイスされていましたよ♪
とってもためになったのでご紹介しますね^^
bellemaison (42)異素材ドッキングマキシワンピース

「若づくり」と「若々しく」の違いがわかりません

お悩み1:
“歳相応におしゃれしたいのですが「若づくり」と「若々しく」の違いがいまひとつわかりません。年齢にあった若々しい装いについておしえてください(兵庫県 パート 59歳)”

大草さんのお答えまとめ:
●「若々しい」…清潔感+初々しさ+知性 この3つがそろった装い
●「若づくり」…上記とくらべて知性がたりない装い


では知性とはなんでしょう?
知性は自分の体形の変化を客観的にみて、自分にあったシルエットを選べているかどうか。歳をとると素肌のハリやツヤがなくなっているために、それにかわるリッチな素材感んお洋服を選んでいるでしょうか? こういったすべてのことが“知性”となり洋服にあらわれます。

具体的には?
●清潔感は残念ながら歳とともに失われます。おりしたてのシャツやTシャツを着る。毎回新品はむずかしいので、袖裏や襟裏まできちんと美しいものをきる。靴のかかとや裏をきれいにキープしておく。こういった手間ヒマがそのひとの清潔なたたづまいを左右します。

●初々しさ=ミーハ心。流行&トレンドを意識。何か目新しいアイテムをとりいれること。例えば、普段のカジュアルパンツルックに定番のスニーカーをあわせるのではなく、今年トレンドのフラットサンダルにしてみるとかでマル。
今年夏はBIRKENSTOCK・ビルケンシュトックという健康サンダルがはやっていますよ。20代~50代までファッション誌には必ず掲載されています。


毎日Tシャツ+ジーンズで変わり映えしません。50代のステキな普段着は?

お悩み1:
外出が少ないので毎日ジーンズにTシャツばかりで楽しくありません。お金をあまりかけず、まわりから素敵といわれる普段着ありませんか?(大津市・主婦 57歳)

大草直子さんのお答えまとめ:
ジャージー素材の長いロングフレアスカートはいかが?


スカートの素材は肉厚のものを。厚手のほうがボディーラインがですぎず、すっきりとしたシルエットに。ロングフレアスカートの色は、グレー、黒、ネイビーがコーデしやすくておすすめ。夏ならトップスには手持ちのTシャツを。スカートは風とおしがいいのでジーンズよりも涼しいですよ。

▼ロングフレアスカートはこちら

タイトスカートよりもすそ広がりのフレアスカートを選ぶことによってお腹まわりが目立ちにいラインに。スニーカーやヒールのないサンダルとも好相性。Tシャツ+ジーンズよりもおしゃれな雰囲気がでます。秋になったら洗いざらしのデニム素材シャツ OR パーカーをはおってみて。夏だけでなく真冬以外でもはくことができますよ。

+ + +
大草直子さんは、1972年生まれ。エディター兼スタイリストで40代女性からの絶大な支持がある方です。今回のお悩みは50代女性からでしたが、しっかりと年齢や環境にそったお答えをされていて、とっても参考になりました!
(2015年7月24付け 朝日新聞より)

|ω・)せれぶコーデ50★

50代が本当にほしい♪通販カタログ

>>50代黒田知永子のファッションカタログ【Vialamo/ヴィアラモ】

PAGE TOP ↑