おひとりさまワーカーへ!「関西のコアワーキングスペース情報」

公開日:  最終更新日:2013/12/23

私も「おひとりさまワーカー」。つまり会社につとめずに、個人で仕事をしているフリーランスってやつね。オフィスを持たずにカフェを転々として仕事をする「ノマドワーカー」っていうコトバもあるね。

で、最近ではこういったフリーランスむけの仕事の場として「コアワーキングスペース」と呼ばれる場所がふえてるんだって。関西でも大小あわせて40か所あるらしいよ。私もフリーランスだから、へえ~私も利用してみたいなとおもった!

(スポンサーリンク)


コアワーキングスペースってなに?

パソコン バイト 求人 じゃあ、コアワーキングスペースってなにかという話。
コアワーキングスペースとは…異業種同士が気ままにあつまって仕事をこなし、情報や知識を共有できる場所。協働スペース。2005年ごろ米国サンフランシスコで誕生。日本では2010年に神戸でうまれ、全国で280か所までふえた。高速ネット環境が整備されて、多くはパソコン持参で作業するのが前提。

<コアワーキングスペースをよく利用する業種の一例>
●ウェブデザイナー、プログラマーなどのIT系個人事業主
●カメラマン、作家、漫画家など

コアワーキングスペースの利点

・自宅で作業していると人と話すチャンスがない。集中できるが相談相手がいなくて孤独。だがコアワーキングスペースだと似たような業種のひとともつながりができる。
・カフェだとWiFiなど、ネット環境を持参する必要があるが、コアワーキングスペースだとネット環境はすでに整備済み。パソコンだけ持ち込めばOK。

関西の主なコアワーキングスペース一覧

<カフーツ>
神戸市中央区。
日本発のコアワーキングスペース。会員数100人。月~土の午後1時~午後9時まで営業。月額1万2千円~(1日利用だと1千円)。
カフーツ コアワーキングコミュニティ@神戸 http://cahootz.jp/

<オオサカンスペース>
大阪市中央区。会員120人。月~土曜日の午前8時~午後11時まで営業。月額9800円~(1日利用だと2千円)。
※わりとお値段お高め。弁護士・税理士・会社社長といった知識人からのアドバイスがもらえるメンター制度、チャット相談システムがビジネスっぽい。月会員になるには指紋登録が必要なんだって。セキリュティをかなり意識してるね。
大阪のコアワーキングスペース http://www.osakan-space.com/

<往来 おーらい>
大阪市中央区。会員100人。午前11時~午後7時まで営業。水曜日定休日。
2時間まで525円、1日1050円。8畳の和室に木机1台で10人分のスペースのみと、こじんまりとしている。
・設備について…無線LAN完備、共用テーブル(9席まで)、共用本棚(貸し出しも可)、プリンター(A4まで、1枚10円)、冷蔵庫。
※「共有本棚」は集まったひとたちが置いていった本なんだって。いろんな本が読み放題でおもしろそう!
コアワーキングスペース 往来(おーらい)http://ourai.jimdo.com/

<シゴトバBASE北堀江>
大阪市西区。会員40人。原則24時間営業。年中無休。(コースにより利用時間がことなる)
・フリー会員 フリースペース6300円/月(8:00~21::00)
Wifi、電源はもちろん無料。会議室、ミーティングスペースも安価で利用可能。大人気のトークイベント”シゴトバCAMPUS”に無料で参加OK。
・デイユース利用 フリースペース1日1050円(9:00~17:00)※Wifiなどは別料金

運営アドバイザーとして、イタリア・バッグメーカーオロビアンコ社長のジャコモ・バレンティーニさんらが名前をつらねる。
シェアオフィス シゴトバBASE北堀江 http://www.shigotoba-base.com/

カフェなどを転々としながら仕事をするノマドワーカーのさきがけで知られる、作家の安藤美冬さんのコメント

「(コアワーキングスペースは)単に人が集まる場をつくるのではなく、いろんな業種の人をまとめ、プロジェクトをひっぱるプロデューサーがいるかどうかが大切」
(2013/8/19付 朝日新聞より)

カフェだとコーヒー代でせいぜい500円~1000円ていど。それと比べたらちょっと割高かな。
だから場所の提供というよりも「人とつながりたい」「孤独な作業になってしまうので解消したい」という目的がメインになるね。私もチャンスがあれば利用してみたいと思います♪

ではでは、みなさまのお役にたてればサイワイです(≧▽≦)♪

(スポンサーリンク)

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑