『美白のはずが肌がだいなし(泣)』カネボウ化粧品・美白化粧品の被害広がる

公開日:  最終更新日:2013/12/22

カネボウの美白化粧品をつかって「肌がまだらになってしまう」という被害が広がってるんだって。手ならまだしも、被害女性のなかには「顔やおでこ」がまだらになってる女性もいるとのこと…。アンチエイジングには欠かせない美白化粧品だけど、こわいねまじで。
 →カネボウの美白化粧品がトラブルで自己回収に

(スポンサーリンク)


「美白 肌が台なし」10月に挙式予定の26歳も悲しいのひとこと

今朝7月24日の朝日新聞にのってた、今年10月に挙式をひかえた女性(26歳)の場合。
・カネボウ化粧品「ブランシール スペリア」の化粧水と乳液を毎晩顔と首につけていた。5年間使いつづけた。
・昨年9月化粧水をつけたところが真っ赤にはれ、熱をもった。
・はれががひいた後も、カネボウ化粧品を使いつづけた(※ここでやめておくべきだったんだよね)
・今年1月ごろ、顔と首全体がまだらに白くなった
・斑点は1~10センチ

その他の被害例

・40歳代の女性…2年前に使いはじめた。顔のほほと目のふち、首が白く色がぬけた。
・40歳代女性…顔と首が赤くはれて、かゆみがでて皮膚科に。日光湿疹といわれてひじ下までひろがった。顔の皮がむけてまだらに白くなる症状がでた。
・60歳代女性…保湿クリームなどを手でぬっていた。手のひらと指の間にも湿疹や水ほうが。生え際などがまだらに白く脱色。


≪自己防衛って大切だね≫
症状が重たい女性は、2年~5年というスパンで長くつかっている。しかもその間に「湿疹ができていた」「赤くはれていた」にも関わらず、化粧品を使いつづけていたみたい。たぶん、原因=カネボウ化粧品だとは思わなかったんだとおもう。

私も美白化粧水はつかってる。その他にも「肌がきれいになる!」といわれる化粧品はついつい試しちゃうし…。使い続けてちょっとでもおかしいなと感じたら、お高い化粧品でも使うことをストップする勇気を持たなきゃダメだね。私も気をつけようと本当に思いました。

みなさんも気をつけてくださいね!!!

≪カネボウ化粧品への問い合わせ先≫

▼お客様窓口(フリーダイヤル電話) 0120-137-411

カネボウ化粧品は症状がでていたり、不安を感じていたりする利用者に対してお客様窓口を開設。治療費や薬代、病院へ通う交通費を負担。被害実態や広がりを見極めたうえで慰謝料の支払いも検討中だって。

ではでは、みなさまのお役にたてればサイワイです(≧▽≦)♪

(スポンサーリンク)

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑